せっしーの雑記

趣味等のくだらないことを書く雑記です。

Pスタン-トロワアンジュ

こんにちは、せっしーです

 

今回は僕が最近はまって使っているPスタンのデッキ、トロワアンジュのご紹介です。 

 

デッキレシピ

f:id:kagami_setsuna:20181021111814j:image

G4

 栄光が待つ未来 シズク 2枚

 学園生徒会長 アルク 2枚

 chouchou話題騒然 ティルア 3枚

 レジェンダリーアイドル リヴィエール 1枚

 必見の大団円 ファイナルプリシラ 1枚

 絶海のゼロスドラゴン メギド 1枚

 エアーエレメント シブリーズ 1枚

 卓越の高貴 シトロン 1枚

 至高の宝珠 サンディー 1枚

 ラグジュアリーウェーブ エリー 3枚

G3

 ディライトジーニアス アンジュ 4枚

 精彩を放つ成星 トロワ 4枚

 chouchou ルシール 3枚

 トップアイドル リヴィエール 1枚

G2

 華ある新鋭 シラツユ 4枚

 照り映える奇蹟 サンディー 4枚

 憧れの煌めき スピカ 1枚

 ヒートエレメンタル ボーボ 1枚

G1

 トランセンドアイドル アクア 5枚

 とびきりの新入生 シズク 4枚

 ライトエレメンタル ホノリー 1枚

 chouchou イルーネ 1枚

G0

 バミューダ△候補生 シズク 1枚

 chouchouc セーラ 2枚

 ポッピングメロディー レイラ 3枚

 chouchou ロベルタ 3枚

 お寝坊注意! クルク 4枚

 chouchou ミレーナ 4枚

 

各カードの解説

f:id:kagami_setsuna:20181019142128p:plain

 栄光が待つ未来 シズク 2枚

かわいい。

フィニッシャーその1です。

スタンダードのカードが投入されやすいPスタンダードの環境において複数グレードに対するガード制限は非常に有効なものとなっています。

Gガーディアンは基本的に採用されていますがロイパラのマロンのように完全ガードを直接ガーディアンに出されない限り、G1G0に制限をかければ攻撃が止まらなくなります。

後述しますが≪レイラ≫とセットでの運用が基本になります。

また序中盤にかけて使用して山札から≪アンジュ≫≪ルシール≫などのパーツを引き込んで2超越目以降の準備もできます。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019142451p:plain

 学園生徒会長 アルク 2枚

通常のアンジュデッキと比較すると使用頻度は低いです。

レシピを見ていただけるとわかる通り、♪♪持ちのカードが≪シズク≫≪クルク≫の8枚しか無いのでパーツが揃って初めて超越する候補に挙がると思います。

GB2でルシール2クルク2シズク2スピカ1とか引けていたら乗ると思います。

ルシール→クルクスピカ→ルシール→アルク→シズクスピカ→クルクルシール→ルシールとか強いんじゃないですかね。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181022170851p:plain

 chouchou話題騒然 ティルア 3枚

基本超越はこのカードになります。

初回でもパンプが入るため、クルクルシール2面とか出来ると化け物みたいな要求の攻撃が初回からできてしまいます。

2超越目以降は≪レイラ≫や≪セーラ≫、≪クルク≫と組み合わせることでゲームエンドを目指します。

フィニッシャーその2です。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019143437p:plain

 レジェンダリーアイドル リヴィエール 1枚

先行G3ターンに≪トロワ≫が使用できた場合にのみ使用します。

基本的にそれ以外には使用しないので≪ティルア≫のコストにしちゃいましょう。

≪トロワ≫が2枚ある状況で使用できると5000要求4パン+Vが相手がG2のタイミングで出来るのでダメトリ乗らなければ最大値です、乗らないように必死にお祈りしましょう。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019143817p:plain

 必見の大団円 ファイナルプリシラ 1枚

フィニッシャーその3。

このカードを使うタイミングは≪ルシール≫が2枚、≪スピカ≫が1枚、≪クルク≫が2枚

とか揃っている時が最も有効です。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019153945p:plain

 絶海のゼロスドラゴン メギド 1枚

フィニッシャーその4。

墓地に≪ルシール≫が複数枚落ちていてキルターンを迎えた場合、≪シズク≫とこのカードからフィニッシャーを選択します。

 

ルシール3とルシール2スピカ1とかクルク絡めたりとか、その時取れる最大値で襲いましょう。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019154355p:plain

 エアーエレメント シブリーズ 1枚

要らない気がします。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019154414p:plain

 卓越の高貴 シトロン 1枚

お手軽25000ガード。

手札から出すユニットは何でもいいので嵩張っているG3を置いたり、

≪ティルア≫で盤面を空にしてしまった時はこのカードで1枚置くと、返しで≪アンジュ≫に乗り直した時に損をしません。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019154633p:plain

 至高の宝珠 サンディー 1枚

G3が多く投入されていてそれらを回収することで手札の枚数は非常に多くなります、そんな時に大きなガード値を生み出してくれるのがこのカードです。

≪ファイナルプリシラ≫を選択肢にしたい試合が多いので採用しています。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019154840p:plain

 ラグジュアリーウェーブ エリー 3枚

スタンダードのトリガーのパンプ値が大きく通常のGガーディアンだけでは賄えないためこのカードが非常に活躍します。

≪アクア≫を採用していて墓地に完全ガードが落ちやすいため1枚で高いガード値を発揮することが可能になっています。

ティルアで1枚表替えしておくと1回目から25000ガードの防御札になるため、ヒールかサンディーがあれば返しのターンに負ける確率を下げることができるでしょう。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019155218p:plain

 ディライトジーニアス アンジュ 4枚

メインVです、乗れないとまず勝てません、アシストしてでも捕まえに行きましょう。

アドバンテージの稼ぎ方が尋常ではなく、毎ターン山を2枚ずつ減らしていけるため山札の圧縮が非常にスムーズに行えます。

また打点要因の≪ルシール≫や≪G4シズク≫と合わせて使う≪レイラ≫、スタンダードのVにパワーを合わせられる≪イルーネ≫、自身がGB2を持つため回収対象となっており状況に応じてサーチ先を選択できるため非常に扱いやすいカードです。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019155714p:plain

 精彩を放つ成星 トロワ 4枚

レギュレーション変更のタイミングで改修された超越のルールによって脚光を浴びるようになったカードです。

先行G2ターンに使用するとその次のターン相手のグレードに関係無く超越できます、ターン開始時にG3であればいいので≪アンジュ≫に乗り直して盤面のこのカードを手札に戻せば超越コストにもなります、チカラの塊です。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019160102p:plain

 chouchou ルシール 3枚

メインアタッカーです。

基本使用する際は2枚同時が多く、1枚ダメージに落ちるだけで大幅にパワーが下がってしまうため3枚です。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019160229p:plain

 トップアイドル リヴィエール 1枚

≪トロワ≫を使用した際のライド先です。

複数枚あれば先行G2ターンに超越もできますが、枠も無いしそこまで無理をする必要がないので1枚です。

 ただダメ落ちやシラツユでソウルに入るのが怖いので増やすのはアリだと思います。

PRが売ってねえんだな。

 

f:id:kagami_setsuna:20181019160343p:plain

 華ある新鋭 シラツユ 4枚

俗にいうシラツユシステムの核ですね。

G2ターンで確実に≪トロワ≫の効果を使用したいので4枚です。

また、フォース相手に後攻で乗っても効果を使えば攻撃が当たるようになるので評価高いです。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019160438p:plain

 照り映える輝石 サンディー 4枚

f:id:kagami_setsuna:20181022154901p:plain

 

 

 

 

ありがとうございます、一目惚れでした。

ポーズがまずかわいい、ウインク最高、言うことなしです。

 

真面目に解説しますね...

トリガーの数値が最大でも1万しかなく、スタンダードのトリガーで肥大化したパワーの攻撃を止めるためにはどうしても複数枚ガードに切らなくてはなりませんが、そんなことをしていたらあっという間に手札がなくなって負けてしまいます

しかし主としてガード値になるヒールトリガーは4枚しかありません、そこでこのカードの出番です。

Gガーディアンにアクセスできる確率が単純に倍になり、でかいパワーの攻撃も1枚で守ることで手札の枚数が温存できます。

そして何より後攻で≪トロワ≫と使った後にGガーディアンが使えれば初回超越からGB3を達成して襲うことができます、バミューダの特権ですね。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019161253p:plain

 憧れの煌めき スピカ 1枚

これ1枚あるだけで攻撃回数が1回増えるので入れ得です。

ただ≪アルク≫が使いづらくティルアターンも2面ルシールで事足りるので、引いたら使う1枚です。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019161649p:plain

 ヒートエレメンタル ボーボ 1枚

f:id:kagami_setsuna:20181019161819p:plain

点を与えてこないダクイレ、ギーゼへの回答です。

メインの超越がCBを使わないためそこまでCB無くても戦えますが、≪レイラ≫≪セーラ≫を絡めなければ高い打点が出ないため自爆互換は必要でした。

2枚とか入れたいですが嫁が枠を食ったので1枚です。

現Pスタン環境では必須だと思います。

 

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019162037p:plain

 トランセンドアイドル アクア 5枚

バミューダの特権その2。

コストをソウルに入れられるため≪アンジュ≫との相性が抜群です。

現状ディメポなどVが極大パワーで殴るデッキが存在するため、増えることはあっても減ったり他の完全に変わることはないです。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019162324p:plain

 とびきりの新入生 シズク 4枚

   嫁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...真面目に書きますね。

G3の枚数が非常に多いためヒット率が高くデッキの圧縮に貢献しやすいです、そして達成しづらい≪アルク≫の起動も4枚積むことで満たしやすくなっています。

また13000のVに対して有効なラインを作りやすくするために7000のG1は必須で、≪イルーネ≫と枚数は悩みましたがなのでこちらを4枚にしました。

 

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019162716p:plain

 ライトエレメンタル ホノリー 1枚

ダクイレやその他のRが複数回攻撃するデッキに対しての回答です。

このデッキは低い点数でCBを使い切って立ち回るので登場時のデメリットはほぼほぼ気になりません。

2枚とか入れたいですが嫁が枠を食ったので1枚です。

≪シトロン≫でRに置いて相手を発狂させましょう。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019162934p:plain

 chouchou イルーネ 1枚

≪ルシール≫が単騎13000になりフォースのVやその他のスタンダードのVに対して要求を1段階上げることができる便利なカードです。

≪スピカ≫で≪ルシール≫を出したときにこのカードがあると自身のパンプ込みで21000になるので忘れないようにしましょう。

≪アンジュ≫でサーチできるため1枚です。

 

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019163159p:plain

 バミューダ△候補生 シズク 1枚

かわいい。

FVがこのカードである理由は大きく分けて3つ、

・≪トロワ≫≪アンジュ≫をG2ターンに引いておきたい。

・≪シラツユ≫で複数回使いまわし山の圧縮を早めたい→≪シラツユ≫を採用する理由でもあります。

・G4シズクでG0を制限し、確実に完全ガードを使わせないため。

 

ただ使いたかっただけなんですけどね。

 

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019163736p:plain

 chouchouc セーラ 2枚

G4シズクをフィニッシャーに置く都合上4ノーで☆を捲れるようにトリガー配分を考える必要があり、アンジュデッキではアメリの枠だったところをこのカードに変更しています。

また基本超越が≪ティルア≫なのでセーラの相性がよく、≪レイラ≫≪クルク≫がなくてもルシール→ルシール→ティルア(攻撃後セーラ使用ティルアコール)→ティルア→ルシール

といったスタンドに頼らない殴り方が出来るので重宝します。

また≪レイラ≫≪クルク≫と違いソウルに入ってドローまで出来るので無駄がありません。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019164233p:plain

 ポッピングメロディー レイラ 3枚

f:id:kagami_setsuna:20181019164245p:plain

 chouchou ロベルタ 3枚

この2枚は枚数要調整枠です。

CC及びSCが出来る≪ロベルタ≫はこのデッキにはとても相性がよく、ソウルが1枚が足りないといった状況で生きやすいので増やしたいのですが、

≪G4シズク≫と≪ルシール≫の2枚に対して同時に使用したい状況もあったので今は3:3で回しています。

≪レイラ≫は≪G4シズク≫を数値で絶対守れないパワーに引き上げるときに使ったり、ギーゼ対面の降臨後に≪ルシール≫で鬼要求を取るために使用します。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019164450p:plain

 お寝坊注意! クルク 4枚

パワーカードです。

ティルアターンに≪ルシール≫が要求を上げながら殴ったり、≪ルシール≫を出し直してG4シズクのパワーを上げたり、色々できます。

自ら山に戻れるためドライブで捲りやすくなります、チカラの塊です。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181019164619p:plain

 chouchou ミレーナ 4枚

バミューダはスタンダード未登場なので効果持ちヒールです。

スタンダードのヒールが登場してもSCとCCは非常に重要なのでこのままかもしれません。

 

改造案

≪スピカ≫≪ボーボ≫OUT

≪chouchou ランファ≫IN

f:id:kagami_setsuna:20181022145619p:plain

ティルアターンでの運用が基本となりますが、アンジュのGB2で≪ルシール≫≪ルシール≫≪ランファ≫とコールしてルシールをバウンス、ランファとルシールに+10000とすることで空いてるサークルと≪イルーネ≫でルシールが23000~38000、ランファが21000~39000となりティルアのドライブでスタンドが捲れなくても勝手に起きてRに自身だけなら44000まで上昇するのでフィニッシュターンなどには抜群の突破力を発揮してくれます。

またルシールの枚数が温存できるので次のターンにアンジュに乗り直せなくても1枚は持っているので、パンプの入ったラインの組み立てが再度可能になります。

注意点としてはSBが結構キツイので、使えるタイミングで≪セーラ≫≪ロベルタ≫を使用してソウルの枚数を増やしておくといいと思います。

 

アルク≫2枚OUT

≪アンジュ≫≪レオナ≫IN

f:id:kagami_setsuna:20181022145631p:plain

f:id:kagami_setsuna:20181022145633p:plain

WGPで7戦やった結果≪アルク≫を使用した試合は1回だけでした。

カード単体での解説にも書きましたが♪♪持ちが極端に少ないので使えることがまず無いのです、その枠に別のカードを採用するほうが賢いと思います。

≪アンジュ≫に関しては、使用できるタイミングが本当に限られますが≪レオナ≫の場合は盤面に残ってしまった≪ルシール≫を回収する手段としてかなり重宝します。

あとはGガーディアンの枚数が足りなくなってしまったときに欲しいなと思ったことが結構あったので、他のGガーディアンと比較してもこれかなぁといった感じです。

 

 

マリガン

簡単に残す優先順位を書いておきます。

G1、シラツユ>トロワ>G2>アンジュ

です。

シラツユ他なんかでG1無しって時は≪シラツユ≫残し4枚交換とか平気でやります。

G3は≪シズク≫≪シラツユ≫で回収できるので山に返しても問題ありません、≪シラツユ≫があるなら≪アンジュ≫は残しても大丈夫です。

 

ライド優先度は、G1から

アクア>ホノリー>シズク>イルーネ

G2は

シラツユ>ボーボ>サンディー>スピカ

です。

 

≪アクア≫はライドすれば何かしらの手段で墓地に落とせて≪エリー≫のガード値を上げられます、≪イルーネ≫は超越後の要求値に直結するので乗らないようにしましょう。 

 

G2は≪シラツユ≫が最優先ですが、消去法で他のどのカードにもライドしたくないからです。

≪サンディー≫を複数枚持っていたり点数が貰える対面ならサンディーボーボ、≪スピカ≫のルートを初めから捨てるならスピカのライドもありです。

 

プレイ

基本の流れは

先行:1~2点貰い≪アンジュ≫≪トロワ≫を回収しつつ先行2ターン目にG3にライドし次ターンから最も要求値の出る超越で相手の札を削る。

後攻:1~2点貰い≪アンジュ≫≪トロワ≫を回収しつつ後攻2ターン目にG3にライドし返しの相手のG3でのムーブをGガーディアンで凌ぎ≪ティルアに≫超越してGB3で点を詰める。

といった感じになります。

G2ターンに≪トロワ≫がなくてもG3ターンに引けたらG3ライドからトロワを使用し≪リヴィエール≫に超越して5000要求連パンで点を詰めましょう。

極力≪シズク≫は盤面に出して山札からG3を抜いていけるとその後のドライブでのトリガーの期待値が高まるのでジャンジャン使っていきましょう。

また≪シズク≫はV裏に置き≪アンジュ≫のサーチ対象と相談して使用するタイミングを計ります、また≪アンジュ≫でのバウンス対象は≪シズク≫にすると≪G4シズク≫のルートを選択しやすくなるので意識しておきましょう。

 

主要デッキとの相性

ロイパラ 6:4~7:3

Gガーディアンの使用回数が多いためブラスターブレードの連パンがほかのデッキに比べて止まりやすいです。ただしピースセイバーは極力ノーガードせず止められるときに止めておきましょう、V☆2でダブクリから4点貰うよりも止めてブラブレの☆3を1回貰うほうが楽です。

 

シャパラ 5:5くらい

エスラスが湧いてくるのでVの攻撃が通りづらいです、クルクを極力温存し2枚同時に使用できるタイミングで手札を削りましょう。

シャパラ側もダークベールでガード値が高くなりますが複数採用されている可能性は低いので「この攻撃で何枚削れるか」を計算して攻撃していきましょう、公開のヒールの枚数と墓地のG1の枚数次第ではG4シズクが絶対に止まらなくなるのでそれも頭に入れて超越を選びましょう、墓地のG1が10枚でGガーディアン2枚から出せる最大値は75000程度です(ダークベール40000、ブロナーハorイエリッド35000)、Vが100000を超えてG1G0に制限かければ止まりません。

 

ゴルパラ 4:6くらい

スペライ決められるとめちゃめちゃキツイです。

意地でも先行取ってトロワを使いましょう、先行G2ターンにワンダーエイゼルまで使われるともう目も当てられません。

プレイの方針として、グルグウィントヘリオスがG1以上にガード制限をかけてくるため≪アクア≫はなるべく早めに使用して≪エリー≫のガード値を上げる動きが出来ると理想的です。

すれいみーフレアから完全ガードが降ってきてしまう可能性があるのでG4シズクはフィニッシャーにはあまり向きません、ゴルパラ側はそこそこ手札を使うので上手く≪ティルア≫で要求を取って立ち回りましょう。

 

オーバーロード 7:3くらい

完全ガードが5枚入っている都合上Purgeの攻撃は比較的止めやすいです。

CBの表が2枚以上あると≪ティルア≫のタイミングでディフィートフレアを使われてしまってティルアがスタンド出来なくなってしまうので表が1枚になるように調整して殴りましょう、ディフィート警戒ならルシールレイラ2面を作るとどっちかにはディナイアル使ってくれるはずです。

ディナイアルを使わせれば安全に殴っていけるので覚えておくと点数を詰めやすいです。

 

ダクイレ 3:7~4:6

明確な不利対面です。

点数を入れてこないのでシズクトロワが使えません、ただ相手もドライブをしないのでG2ターンは広げて攻撃しに行っても構いません。

プロテクトなのでG4シズクが使えません、回収された次のターンに吐かせられるように攻撃を組み立てていきましょう。

 

ギーゼ 6:4~3:7

降臨が早いとその分不利になります、オラクルギーゼの場合プロテクトなのでG4シズクが使いづらいです。

1点貰えれば動けるのでその場合は6割くらい勝てます。

ただし点が貰えなかったり≪クルク≫が使えなかったりするとプロテクトを使わせられないのでトリガーが引ける山を作る意識を持ちましょう。

フィニッシャーはティルアかG4シズクになります。

降臨後にプロテクトが無いならG0G1に制限をかけたG4シズクは止まらなくなるので狙っていけるように立ち回れると良いです。

 

ディメポ 5:5~3:7

完全ガードが何枚引けるかで勝負が決まります。

後半のエクスギャロップが数値で守れなくなるので、点数を抑えるか死ぬ気で完全ガードを探しに行きましょう。

リソースもそこそこ稼がれてしまうのでティルアどれだけ叩き落とせるかが勝負のカギです。

 

リンクジョーカー(根絶以外) 8:2

スタン基盤のデッキの殆どがリンクとの相性が悪いため参加者の1~2割はいると思われます、アンジュはサークルのカードを指定するので呪縛のカードも戻せます。

ただしティルアターンにラクスカリーナを使われるとティルアの起動が撃てなくなってしまうので、相手のRはあまり残さないようにアンジュのボーナスも考えて立ち回りましょう。

 

波紋 3:7~よくて5:5

 序盤から無茶苦茶に殴られるのはシンドイです。

意地でも先行取って≪リヴィエール≫に乗るか、パヴロスに1枚貫通張って止めるか

どちらかができない限り勝てないと思います。

 

総評

 

現在のPスタン環境は

  • 相手の点数を抑えて強力なフィニッシュ手段を用いて一気に6点入れるデッキタイプ

        (ロイパラ、ダクイレ、ギーゼなど)

  • スペリオルライドを用いて早期にG3に到達してギフトを獲得、あるいは早く超越し点数・リソースの優位を保ったままゲームを支配するデッキタイプ

        (エイゼル、トロワアンジュなど)

  • 大量のリソースを抱えて優位を保ち、強力なパンプ手段を用いて点数を入れていくデッキタイプ

        (シャパラなど)

以上3タイプに分類できます。

ぶっちゃけ安定性のあるデッキを握ったほうが安全だったりします、下手に運要素が絡むデッキを使用してアシスト外して負けるなんてことになったら悔やんでも悔やみきれません。

中でも「ロイパラ」「シャパラ」は抜群の安定性を誇るデッキです。

前者は≪リュー≫≪ラルース≫といった強力なアクセス手段、≪ピースセイバー≫≪ホーリーセイバー≫の圧倒的なリソース獲得及びフィニッシュ手段、≪マロン≫≪リアン≫の手軽な完全ガードの選択肢、どれをとっても最高水準だと思います。

後者は≪ブラスターダーク≫の除去及びG2でのツインドライブというハイスペックな攻撃手段、≪ブラスタージャベリン≫≪ファームナッハ≫≪ディルラド≫などのリソース獲得手段、≪深淵竜皇≫≪ダグザ≫≪ウルティマ≫≪スラップテイル≫などの強力なフィニッシュ手段を備えており、リソース獲得においてはロイパラ以上で高いガード値を発揮できるGガーディアンに回収可能な≪エスラス≫といった防御手段もあるのでほとんどのデッキに対して有利が取れる超ハイスペックなデッキです。

正直僕もロイパラを使おうか悩みましたが、思い入れもあるということでトロワアンジュを選択しました。

前の記事に簡易レポートを書きましたが、もう少しプレイングのブレを修正できていれば最終戦のゴルパラは取れていたはずなのでかなり悔しいです。

 

ちなみに、≪トロワ≫の効果を使った試合は8人トーナメントも含めて5/7試合でした。≪シズク≫≪シラツユ≫によってG3へのアクセス手段はかなり豊富でマリガンでも思い切ってトロワを探しに行っているのでその分成功率が上がったかなという感じです。

 

トロワアンジュは現状唯一、Gスタンのカードだけで構築されたデッキですがPスタンのどのデッキとも互角あるいはそれ以上に渡り合えてしまいます。今ならかなり手ごろなお値段で組めると思いますので良かったら組んでみてください。

 

結論

好きなデッキ使うよろしよ。

Pスタンはどのデッキもコンセプトがはっきりしているので、「これやりたい!」が実現しやすいレギュレーションです。

好きなデッキ使って勝つのが一番楽しいですからね。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで僕が使っているトロワアンジュのご紹介でした。

次のWGP名古屋はギアクロ発売後なので悩みますがPスタンには出るのでよろしくお願いします、次は負けません、本気で全国狙いに行きます。

 

それではこの辺で。

 

 

 

WGP2018大阪

こんにちは、せっしーです

 

今回はWGP2018大阪会場に行ってきました。

 

twitterを見ていただいている方は既にご存知のことと思いますがかなりヤバイことが立て続けに起こったので、参加した大会のレポートと共に"何があったのか"を書いていこうと思います。

 

まず僕らは、トリオファイトに出場しました

 

先鋒 カルボン エンフェ

中堅 せっしー ロイパラ

大将 れる かげろう

 

1回戦 かげろう ○ T○

先行4ターン目にソルセ打って5点入れて、滝の3ノー成功させてアルフレッド乗り直して勝ち。

 

2回戦 ミシマさん@ネオネク ✖️ T✖️

ツインドライブで完全2枚とか捲れてかなり調子は良かったんですが、最終的にカルペ→ブラブレの両方の攻撃で1枚貫通を抜けなくて負け。

 

 

さて、ここでtwitterで書いた事件が発生します。

 

対戦が終わりジャッジを呼んで勝敗の報告を行い、チケットを回収していただきました。

それを横目に見ながら対面だったミシマさんや隣で対戦していたジュニア君と話して次のマッチングまで待っていました。

そして3回戦のマッチングが発表されたとのアナウンスがかかったためスマホで確認したところ、僕らのチケット番号「TF073」が何度検索しても表示されませんでした。

たしかにチケットの半券は持っていてドロップするとの宣言はしていなかった為、これは明らかにおかしいと思い手元のチケットを確認したところ「1敗したら回収」と書かれた青色の半券でした。

ここで僕は「2敗したら回収」の半券を間違って回収されて2敗もしくはドロップ扱いにされている、と気がつき近くにいたオレンジ色のシャツのジャッジにその旨を伝え黒いベストのジャッジにも話を通して大会本部へ向かいました。

そこで対応していただけると思いきやジャッジに渡した青色の半券をその方が、恐らく大会のマッチングを管理しているであろう別のスタッフの方に手渡しました。

するとあろうことか渡された青色の半券を、今まで回収した半券の束にまとめて養生テープでぐるぐる巻きにしていました、回収忘れがあったものと思われたのかもしれませんが目の前でそんなことをされて気分が良いはずがありません。

そこから10分程度なんの話もなく、3回戦の着席がほぼ終わり対戦が始まられようとしていました、ここまで対応されないのはおかしいと再びジャッジに話したところ「2敗されたと言うことですか?」とか見当違いなことを言い始め話が伝わっていない事が分かりました。

その後スタッフ同士でわちゃわちゃした後、「この回戦は不戦勝とさせていただきますので...」と言われましたが、チケットが既に手元からなくなっていて4回戦以降のマッチングでまた面倒な事に成りかねない、何よりさっきの目の前でのスタッフの行動で続行する気が完全に失せドロップすることにしました。

 

疑問点が3点あります

・会場のスタッフに「青色の半券を回収する」と正確に伝達できていたのか

・何故大会運営席の人間だけでも話を共有しなかったのか

・何故こちらの話を聞いた時、無線ないし何らかの方法で共有・確認しなかったのか。

 

6月のBCFでも色々あったと聞いていましたが、まさか自分が理不尽の被害に遭うとは思いもよりませんでした。

 

トリオはドロップしたのでPスタンの個人戦に出てきました

 

使用 トロワアンジュ

1回戦 アルフレッドオース ○

FVがばーくがるで7000ライドだったのでアクアにライドして点を与えずにターンを返す、G2を持っていなかったのかG1でスキップしてきた為シラツユにライドしシズクの効果でアンジュを回収、トロワでリヴィエールにライドしてそこからテンポとって勝ち。

 

2回戦 ルアード ✖️

G1アシスト。

そこから点数を詰めていくも届かずウルティマで負け。

 

さて、ここで二つ目の事案が発生しました。

 

同様に対戦の結果をジャッジに報告して半券を回収してもらいました、その後対面の方とあそこはあーだった最後はこれこれこーでとか色々話していたら手元に半券が無い事に気がつきました。

ジャッジの方に「続行しますか」の確認が無かった事を思い出した為、近くの黒いベストのジャッジに言って半券を持っているジャッジを特定して僕の半券を返していただきました。

 

何故ここまで杜撰な対応をされているのか理解出来ません、僕が何かしたのでしょうか

 

ガン萎えしてましたが直前の対戦がかなりいい試合だったのでモチベを維持して次の対戦に向かいました

 

3回戦 オラクルギーゼ ○

1点貰えたのでそこからCBを使いつつ立ち回る。

相手の降臨が遅かったので3回のティルアで確実にプロテクトを使い切らせることに成功。

降臨後、ルシール2枚とG1G0公開レイラでパワーを2倍にしたG4シズクで勝ち、脳汁ドバドバ。

横にいた紫電プライムの対戦態度がアホほど悪かったので、当てつけのようにクッソ丁寧に対戦してました。

 

4回戦 エイゼル ✖️

先行が取れたのでシラツユ→トロワの流れを決める、返しに相手はボーマンにライド→ガレスコールでFVのキルフ効果でエイゼルにライド、そしてワンダーエイゼルでもう1回ライドしてアクセルサークルを2枚獲得、お互いG3なので超越されるもGガーディアンで凌ぎ初回GB3ティルアで削りに行こうと立ち回る

しかし相手のハウガンの使い方が非常に上手く、ダメトリを毎回乗せられ火力が大幅にダウンしてしまう

最後は完全ガードを抱えすぎてしまい必死に張った2枚貫通をヘリオスに引引治☆で見事にぶち抜かれ負けました、めちゃいい試合だったので楽しかったです。

 

その後は8人トーナメントで国民さんのオラクルギーゼ に有効ヒール3回取られて決勝負けを屈しました、めちゃめちゃ考えてアルクターンを作りましたが及びませんでした。

 

 

f:id:kagami_setsuna:20181021103512j:image

こちらが今回使用したトロワアンジュです

 

自分のまとめ、振り返りとして別記事を書きます。

 

以上が今回WGP2018大阪会場で起こった出来事です

 

twitterではかなりあったまってたので端折って書いてましたが、詳細を書けば書くほど頭にきますね。

 

ブシロードさんはいい加減スタッフ研修を充実させてイベントをスムーズに開催・成功出来るように最善を尽くしていただきたいですね

 

折角モチベ上がってたのに底の底まで叩き落とされた気分です。

 

同じような被害に遭う人がいない事を切に願います。

 

次はトロワアンジュのデッキ紹介でお会いしましょう

 

それではまた

 

 

TCGにおけるシャッフルに関して

こんにちは、せっしーです。

 

もういい加減聞き飽きたのでシャッフルに関しての僕の意見を書き連ねていこうと思います。

 

 

※注意

あくまでこれは僕がシャッフルに対して考えていることです、ちょい過激かもしれませんのであしからず。

 

横入れ(ファローシャッフル)について

僕は賛成意見です。

 

ファローシャッフルは一番手軽に無作為化が行えるシャッフルだと考えています。

といっても僕がファローを練習し始めたきっかけは、ある遊戯王のCS動画を見ていて

「このシャッフルかっこいいじゃん」と思ったからです、大した理由じゃなくてすみません。

 

ファローを嫌う人の中には

「スリーブが傷つくからやめてください」と申し出る方もいらっしゃいます、

一理あるとは思います、できるだけ長持ちさせたいという気持ちは理解できます。

 

ただ1重スリーブならまだしも(1重でも問題が無いかと言われると怪しいですが)

2重でちゃんとオーバースリーブを付けているのにもかかわらずそうやって申し出るのは少し的外れかな、とも思います。

1重目のスリーブはカードを傷つけないためであって、2重目のスリーブは1重目が傷つくのを防ぐためにあります

その2重目が傷つくのを嫌うなら更にスリーブを重ねればいいです、でもVGなどは2重までです、キリがないんですよ。

 

しかし強制するのも良くないのは確かです、相手が嫌がる行為を無理やりするのはいけないことです。

ですが少なくとも”大会”という競技志向が強い場で、お互いのデッキを交換してシャッフルするという行為が常日頃から行われている場でシャッフルの方法を制限するということは、イカサマを疑われても仕方ないんじゃないかと思います。

 

 

なぜファローシャッフルをする必要があるのか

よくある実験です

ヴァンガードを想定としています。

 

16枚のトリガーユニット(赤色のスリーブ)と33枚のノーマルユニット(白色のスリーブ)を用意しました。

f:id:kagami_setsuna:20181016115905j:plain

 

これをこのように重ねます

f:id:kagami_setsuna:20181016115915j:plain

そして8切り(ディールシャッフル)をします

f:id:kagami_setsuna:20181016115926j:plain

山がなくなるまで8切りを繰り返し、8つの山をまとめた後ヒンズーシャッフルを

数回行います

f:id:kagami_setsuna:20181016115910p:plain

↑こういうやつ

 

そしたらこうなります

f:id:kagami_setsuna:20181016115934j:plain

この状態でツインドライブをした場合、ダブルトリガーが捲れる箇所は

どれだけあるか言わなくてもわかりますよね。

 

ではここからファローシャッフルを数回行います

 

するとこうなります

f:id:kagami_setsuna:20181016115942j:plain

さっきよりも明らかに赤色のスリーブがバラけているのが分かりますよね

 

今回は分かりやすくトリガーとそれ以外、という風に分けましたが

各グレード(G1~G3)毎にスリーブの色分けをするともっと

塊が分かりやすくなると思います

 

具体的に言えば各グレードごとに固めた上でディール→ヒンズーとシャッフルすると

G0~G3を順番に引ける山が作れてしまいます、ライド事故が起きづらい山になります

これを実際公式の地区大会でやっている人が数名居て、

その中でBCFの決勝トナメでやっていた人がいたのでジャッジに申告して

無作為化を施すように注意していただきました。

 

公式や大型非公認など参加者が多い大会では対面に座る前から

勝負が始まっている(積み込みなど)場合が少なく無いようです。

そういったことを対戦内に持ち込ませないためにもファローシャッフルなど、

十分にデッキが無作為化できるシャッフルを用いるべきだと僕は考えます。

 

それでもファローシャッフルがしたくない、してほしくないという場合

正直ファローに関しては練習してください、としか言えません。

公式大会などの上位卓では「必ずお互いのデッキを2種類以上の

シャッフルorカットしてください」と説明を受けますが

ディール→ヒンズーの2種類じゃ↑の写真の通りにしかならないので

ほとんど意味が無いです、

出来るだけ無作為化に適しているファローは練習してほしいです...

 

無作為化できるようなシャッフルならディールを2回とかでもいいんですが、

ディールを2回行うとばらけ方に規則性ができてしまうのでお勧めできません。

規則性が生まれてしまうとそれはもう無作為化とは呼べませんから。

 

それならディールのやり方を少し工夫してみましょう。

基本は8切りですが、最初から8つの山に分けるのではなく

1,12,123,1234,12345

といった感じで1に置いたら1と2に、1と2においたら次は1,2,3にというように

これを8まで繰り返し8に到達したらそこからは普通の8切りを行います

この変則的なディールを2回もやれば結構無作為化できると思います。

 

f:id:kagami_setsuna:20181016145345j:plain

こんな感じで山ごとに枚数が違い、最初の山が一番多く最後の山が一番少なくなります

 

少し時間はかかりますが、大抵の大会は準備時間含めてなかったりすると思うのでディール2回やっても怒られないとは思います、当然相手に許可はとるべきですが。

相手のデッキなので丁寧かつスピーディに行いましょう、

時間かけすぎてもいいことないです。

 

結論

ファローシャッフルは練習してください。

オーバースリーブは消耗品です、キャラスリ等が傷つくよりよっぽどマシだと思います。

ただし相手の相手の言い分もちゃんと聞いて、嫌だと言われたら別の方法で無作為化を行いましょう。

 

ファローのやり方は先日Twitterにオックンさん(この場合はサンダーさんなのかな)

が動画をアップされていました

 右に持った山の角を左手に持った山の辺に押し当てて滑り込ませるのがコツです。

 

僕は別にファロー嫌なら大会出るな、と言いたいわけではありません

VGなんかは今公認のPRカードに力を入れて参加者も増えてきて

武士の施策が上手くいってるのかなと感じています。

 

ですが少し寛容的になるべきだとは思います、横入れ賛成派も反対派も。

どちらの言い分も理解できるからこそ僕はこの記事を書いています

過去に横入れでカードぶちまけられたり折られたり、

といった方々に強制するのは違うと思いますが、

失敗した人が横入れ練習して失敗しなければ済む話なんですよ。

 

スリーブが傷つくから嫌だ、という人は傷ついても良いように

コスパの高い予備のスリーブなどを探して用意してください。

例えば「おやつスリーブY」は100枚入りで

VG2デッキ分にもかかわらず260円と非常に手頃なお値段で購入できます。

http://oyatsunozikann.com/remiseCart/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000012

↑商品ページです

回し者とかではなく僕が愛用しているから紹介してます。

最近はホビステとか193とか、僕の場合は地元の本屋にも売ってます

愛知県刈谷市にお店があるので県外の方は少々手が出しづらいかもしれませんが

通販も対応しているので気になった方は試してみてください。

 

ほかにも探せばコスパの高い商品は出てくると思います。

ぶっちゃけた話好きなスリーブ使えばいいんですよ、

ですがオーバースリーブが傷つくからって理由でシャッフル拒否するのは

見当はずれな話だと思います、

じゃあ傷ついてもいいスリーブを買って使ってくれよと僕は言いたいです。

 

後は相手のデッキをディールシャッフルする理由がわからない、

と仰っている方も居たので一言

相手のデッキの枚数確認しないと規定枚数以上入ってたらどうすんの?枚数が多いって証明ができないんだよ?

またディールをすることで、相手のスリーブに規則的な傷が付いていないか(マーキング)の確認も出来ます。

大き目の大会に出る際は相手のスリーブの確認及びデッキ枚数の確認のためにディールシャッフルをすることを推奨します。

 

某王国の動画で昔言われていましたが、カットは相手を信用するために行うもの

という言葉はとても大事だと思います。

 

さて、長々と書き連ねてまいりましたが以上が僕がシャッフル論争に対して思っていることでした。

VGを例に挙げていますが他TCGでも同じです、DM2ブロのトリガービートでトリガーだけ固めてシャッフルされたらたまったもんじゃないです。

 

ファローは練習しとくとパパっとシャッフルできてかっこいいのでお勧めです。

だけど相手の嫌がることはしちゃいけないゾ☆彡 

 

再度言いますが、あくまで個人的な意見です

ご意見ご感想は僕のTwitter(@kin_Sessy)までどうぞ。

 

ではでは

 

追記

ご指摘をいただきましたので少々接続詞を省いたり別の言葉を使用したり脱字などを修正しました。

 

トランポリンについて

こんにちは!最近体が浮遊感を求め始めている重度のトランポリン中毒者せっしーです!!

 

今回は折角なので僕が馬鹿みたいにハマっているトランポリンを全力で布教する記事です。

 

これを読んで皆さんもトランポリンやりましょう!

 

目次

 

 

~そもそもトランポリン何で始めたん...?~

きっかけはYoutuberのフィッシャーズさんの動画です。

www.youtube.com

 

これを見てはじめは「ゲットエアーって名古屋にないの?」と調べ始めました。

しかしながらあるのは関東だけ...そんな折大阪BCFに2泊で行くことになり

「大阪ならトランポリンあるやろ!」と思い調べたところ、

最近フィッシャーズさんも動画で紹介していた「てんとう虫パーク」が検索でヒット

行ってみたらまあ面白いのなんの。

最初は本当に尻落ち(チェアーという技名らしいです)すらまともに出来ませんでした、これが結構怖いんですよね...

 

そしてその後名古屋でトランポリンを調べたところ...

施設紹介 | Mr.JUMP 守山店

こちらのお店が検索でヒットしました。

 

てんとう虫パークに比べてかなり狭いですが、入場者数を時間ごとに区切って絞っていたため安全に遊ぶことができました。

そしてこのお店で、僕がトランポリンにバカハマりする技と出会うのでした...

 

...そう、イッテQでみやぞんさんがやっていた「ウォールトランポリン」という技です。

名前の通りトランポリンを背中で跳ねて壁を駆け上がる技なのですが、そもそも始めるにあたって「背落ち」ができるようにならないといけませんでした。

 

この時は背落ちもままならずボロボロで帰宅して、ここからトランポリンの沼にはまっていくのでした...

 

 

~これまで行ったお店~

まずは大阪のてんとう虫パーク河内長野店ですね。

南大阪トランポリン・パーク

ここの特徴は何より広いという点。

その分たくさんお客さんが入れるのですが、詰め込まれてしまうので結構接触とかしそうで危なっかしいところでした。

 

続いてMrJUMP新守山

施設紹介 | Mr.JUMP 守山店

同じリンク2回も貼って恐縮ですが...

こちらのお店の特徴は狭いところ、狭い分入場者数を絞るため安全に遊ぶことができます。

また競技用トランポリンが2面あり、その上にバスケットゴールが設置されているので、めちゃめちゃな高さからダンクをするという経験ができます。

 

お次はこちら、A.T.Square

A.T.Square|大垣市|トランポリンパーク

こちらの特徴は、競技用トランポリンが無い代わりにとにかく面数を取っている点ですね。

その分のびのびと技に挑戦できます。

 

トリは当然こちら、MrJUMP大高店です。

施設紹介 | Mr.JUMP 大高店

ちょっと前にTwitterでも話題になっていたこちらのお店、今年の7月20日にオープンしたばかりでまだ2か月ちょっとしか経っていないのでとにかく設備がきれいです。

間違いなくこのお店が僕の一押し店舗です。

上記の通り設備が綺麗なのはもちろん、技を色々と教えてもらえるという点とトランポリン以外の設備も充実しているという点が素晴らしいです。

因みによく教えてくれる店員さんが某雑誌に載っていました笑、おすすめスポットとかが掲載されている雑誌なので良かったら探してみてください。

 

~ぶっちゃけトランポリンの何がいいの?~

今回の記事の本題です。

時々「そんなに通うほどか?」とか「金の無駄笑」みたいに言われることがありますが、僕は寧ろ有意義な時間をお金で買えているので非常に満足しています。

 

何故か

・非日常体験が手軽にできる。

ぶっちゃけ言ってトランポリンって普段生活している中じゃまず体験できないものだと思います、それが手軽にできるという点でまず一つの利点だと僕は思います。

 

・運動不足解消

トランポリンは重度の全身運動です。

飛び上がる時に足腰に力が入って飛び上がった時に腕を回すので肩も動かします、背落ちやチェアーなんかだと起き上がるときに腹筋を使いますし、宙返りやウォールトランポリンはそもそも基礎体力がなければ持続できません。

こんな感じで90分飛び回っているだけでも全身のあちこちを使うので、ぶっちゃけ翌日には全身筋肉痛でバッキバキになります。

僕は高校の時まではサッカーや自転車で山道を40分かけて通学したりとバリバリ運動していましたが、今では一気に体力も落ちてしまっているので危機感を感じていました。

そんな折トランポリンができる施設が割と近くにあることを知って、しかも地域最大級なんて銘打ったものが新しくできて、通い詰めたおかげで高校時代には及びませんが結構体が動くようになりました。

何よりそんなにキツくないので(個人的に)楽しく運動して運動不足を解消できるのでメリットがデカいと思います。

 

・交流ができる

トランポリンに行くと必ずと言っていいほど、子供に絡まれます...

以前はVRのゲームをやっているとき、この前はトランポリンドッジボールをしているとき。

僕は大学が小学校教育専攻だったので、ありがたいこと「子供の扱いには慣れています、90分の制限時間が終わって休憩していたらトコトコ近づいてきて

子「また来いよ!」

俺「そっちこそなぁ!」

みたいな会話もしたりします笑

勿論子供以外にも、通いすぎっていうのもありますがスタッフさんに顔覚えられたり、技を練習していると横から話しかけられたりコツを聞かれて喋ったり。

僕は元々コミュ力そんなに無いのでこういう場で克服していけるのはありがたいなぁと毎度感じています。

 

・自分の技術の進歩を実感できる

先週出来なかった技が今日出来る様になるって嬉しいですよね、スポーツ全般でいえることですが。

トランポリンってマジでハードで、できない技はトコトンできなくて、トランポリンに「お前には無理だぁ!!」って言われている気分になるんですよ、僕はウォールトランポリンがそうでした。背落ちもできるし背中で跳ねるのもできる、でも壁から離れてしまってウォールができないなんてのが2~3週間ぐらい続いてました。

こういうのってマジで悔しいんですよね、だから早くできるようになりたくて通いました、毎週、したら毎回教えてもらえるんですよ色々な人に、僕より早くできるようになった友人にも雑誌に載ってたお兄さんにも他のスタッフさんにも、そんでできた時の喜びが半端ないんですよね。こういう体験を大人になった今是非してほしいと本気で思います。

 

とまあ僕個人が感じている魅力をずらっと書き連ねてみました。

勿論魅力は語りつくせないほどありますがその分デメリットもあります。

・高い

大高は大人90分2400円です。交通費も合わせたら大体3500円くらいかかるでしょうか。

 

・怪我の危険性

てんとう虫パークと違い大高も時間制で入場数を絞っていますがそれでも結構な人数が一度に入場してきます、当然接触とかの危険性が高いです。

また使用する体の部分的に重症化の恐れもあります。具体的にはチェアーやって腰痛めたり、背落ちで首痛めたり、宙返りで着地ミスって足とか怪我したり、首なんて鞭打ちになる可能性もありますからね、危険です。

 

 

まあ値段に関しては仕方ないと思います、大高はクライミングやトランポリン跳び箱、ジップラインなど込々の値段なので。

ただ怪我はどんなスポーツでも起こりうるものなので僕はもう目をつむってます。

大高の場合競技用トランポリンに入ればまず接触の危険性は無いので安心して遊べると思います。

 

ずーっと大高大高言ってますが、かなりのファンでして...

今まで新守山・てんとう虫2回、ATSQuare1回に対して大高7~8回ほどと頻度が頭おかしいんですよね、それぐらい魅力あるお店だと思います。

 

~で、お前は何ができるん?~

基本的な技は一通りできます。

・宙返り(前宙、バク宙)

↑は伸身の後方宙返りです。

 

・背落ち

 

・チェアー

・膝落ち

・腹落ち

・ウォールトランポリン

etc...



出来ないのは

・側宙(分からない人は「体操 床 ローユン」で検索)

・宙返り捻り

・背落ち、チェアー捻り

などの捻り技です。

上記の失敗動画が友人の携帯に録画されています...マジ醜態..

 

僕は運動神経悪いほうでは無い(と思う)ので週1ペースで新しい技を覚えていってます。

マジで自分の成長を実感できるので楽しいです。

 

 

~まとめ~

人によって価値観違うので別れる思いますが、

トランポリン2400円*週1回4週間=約1万円

VGスタンのデッキ(例かげろう)=約11800円

1か月デッキ組むの我慢すれば通えるんですよね、

もちろん「だったらトランポリン行かずにデッキ組むわ」という方がいると思いますが、当然だと思います。

 

それでも行ってみたいという方がいらっしゃればお声掛けください。

ていうか身近にあったら行ってみてくださいマジでハマるから!!

 

というわけで語彙力足りない系男子のせっしーがお送りするトランポリン布教記事でした。

皆さんも気になったら調べてみてください!!

ではでは!!

 

JVGCS

こんにちは、せっしーです。

バミュフェス全国以来ですね、ブログ書くの

 

最近はトランポリンとかそういう遊びが楽しすぎて書くの忘れてました。

 

今回は9月23日に美和文化会館で開催されたジュニア君主催のJVGCSに参加してきました。

 

チームクジラックス

先鋒 くらふとさん@シャパラ

中堅 くじらさん@メガコロ

大将 せっしー@ぺイル

 

1回戦 ゅぅゃ@かげろう

先行取られダメトリ乗られ散々でした、一応ロングゲーム目指していけば対応できたかなって感じですが具体的にどうすればいいかわからなかったのでどうしようもありませんでした。

個人×T×

 

2回戦 柊さん@かげろう

今度は先行取って相手のG2で2点もらってありす1回絡めて点を取りにいく、返しで相手がオバロでRを殴りに来て点を貰えず、キメラもないのでとりあえずユニットが5体になるように並べて点を詰めていき勝ち。

滝3ノー成功したようなしてないような...忘れました。

個人○T○

 

3回戦 まっさーさん@シャパラ

後攻でしたがいい感じに点数を詰めていき迎えたキルターン

アリス ジャグラー V ゴルビ

  トリガー バニー バニー

V攻撃後、後列及びジャグラーはレスト、☆がRゴルビに

でソウルにジルが居たのでありす→ジル→R裏バニーを起こす

という動きをすれば札が足りずに押し切れていたのに気が付かずに負け。

明らかに経験値の足りなさが露呈した情けない試合でした。

個人×T×

 

4回戦 アインのチーム@むらくも

後攻、しかし相手がG2でアシスト。

こちらはG3でCB表を2に調整して3点にして、その返しのターンに猿パンチして勝ち。

個人○T○

 

個人2-2,T2-2で抽選落ちでした。

3回戦のシャパラの試合で落ち着いて考えられていれば勝っていたかもしれないのでとても悔しいCSでした。

 

そのあとも個人のサブトナメに出ましたが、らみっぎょさんとゅぅゃのかげろうにボコボコにされて意気消沈したのでぽっきーさん達とタワーデュエルもどきしたりどんちゃんボーガーさんのZ/Xのフリー見たりして過ごしてました。

 

f:id:kagami_setsuna:20181001142618p:plain

こちらが今回使用したレシピです、基本的には22日の193で準優勝したもなこの構築に寄せています、ていうかまんまですね。

 

あまりにも不甲斐無い成績だったのでいつかリベンジしたいです、仕事も忙しいですがスパイダーマンばっかりやってないで少し真面目に練習します。

 

結局大阪WGPもPスタンだけ出に行くつもりなのでよろしくお願いします。

 

あ、トランポリン興味ある人いたら連絡ください、一緒に行きましょう!

ではでは($・・)/~~~

バミューダ△フェスタ全国決勝大会

皆さんお久しぶりです、せっしーです

先週の土曜日に東京都中野にありますブシロード本社にて開催されたバミューダ△フェスタ全国決勝大会に出場してきました。

 

2016年8月しろくろフェス内で開催された全国大会以来2度目の出場となりましたが、今回は前泊ありとなっていましたので
少し早めに東京入りし観光を楽しんでまいりました。

記事の前半は観光の話になるので興味の無い方は記事の真ん中くらいまでスクロールしてください。

 

 

 

8/17(金)11:30頃に新宿駅

ブシが手配してくれた宿が西新宿にあるので、地下鉄に乗るのは面倒だし歩こうかと思い
西口を目指していたのですが、出てきたのはなぜか南東口で軽く迷子になりました

これだから新宿は...

 

ともかく歩いて歩いて10分くらいで目的地「ホテルローズガーデン」に到着

f:id:kagami_setsuna:20180821210437j:image

 

チェックインは13時~になっていたので、とりあえず荷物を預けて観光することにしました

 

GWのヴァンガ祭の時にスカイツリーに行っていたので、今回は東京タワーに行きたいなーと漠然と考えていたので

 

西新宿から神谷町までガタンゴトンと電車に揺られつつFGOを周回して20分程度

f:id:kagami_setsuna:20180821210522j:image

 

到着

そこからまた15分くらい歩いて、目的地の東京タワーに着きました。

 

f:id:kagami_setsuna:20180821210544j:image

スカイツリーには及ばないにしても大きいですね...

とはいえ登ることが目的ではなく

ここの3回のアニメイト東京タワー店でヒロアカのコラボやってたんですね

 

中ではコラボ限定の等身大パネルや、アニメ3期の複製原画など、ファンにはたまらない展示ばかりでとても興奮しました

f:id:kagami_setsuna:20180821210631j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210645j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210626j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210619j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210638j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210623j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210642j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210615j:image
f:id:kagami_setsuna:20180821210634j:image

コラボグッズはどれもランダム封入の商品ばかりなので買いませんでしたが...

 

 


その後、ヒトカラ専門店があることを調べて知っていたので、秋葉原へ向かいました。

 

到着してすぐに圧倒されました、何この人の量...

とりあえずお店に行って待ちがあったので受付だけして

 

コミケのサプライを見に買賊王へ行って、WSのデッキを見にドラスタへ行き

時間になったのでヒトカラしてきました

 

f:id:kagami_setsuna:20180821210709j:image

内装はレコーディングスタジオの簡易版のような感じで、ヘッドフォンを受付で借りて

それを機械に繋いで歌うというもので、マイクもレコーディングで使われているような本格的なものでテンションめっちゃ上がりました

 

利用してみての感想としては、普通のカラオケと違い自分の声が曲と一緒にヘッドフォンから聞こえてくるのでとにかく音程がとりやすかったです。

LIVE DAM STUDIUMを好んで利用するんですが、自己最高点を3回も更新する始末、何やっているんだと...

f:id:kagami_setsuna:20180821210734j:image

 


とまあカラオケでほどよくカロリーを消費したところで

17時前くらいに少し早い夕食をとりました。

それがここ、牛かつ もと村です

f:id:kagami_setsuna:20180821210757j:image

ヴァンガ祭でアジア2位になったアルパカのお祝いで訪れたお店で、あまりの美味しさに

大阪は難波にある同じお店にも行ったことがある程ファンになったお店です。

 

このお店牛かつももちろん美味しいんですが付け合わせのとろろと明太子もうまいんですよ

その二つを混ぜて豪快にご飯にかけて食すのが最高においしい組み合わせです

牛かつは塩だけorわさびだけで食べるのがおすすめです。


夕食もすませたので宿に戻るべくJRで新宿へ

今度は南口に出てしまいまた遠回り...
しかも地下に迷い込み地上に出たらバス停しかなく道路を渡れない...

なんとか地上にはい出て宿に着きました

 

f:id:kagami_setsuna:20180821210828j:image

内装がこちら、高級ホテルって感じが漂っていました

 

シャンプーとか全部薔薇の香りがするんですよね、すげえ

で、適当にお酒を飲みつつデッキの調整をしててれびを見て

同じホテルに宿泊予定でバミュ杯参加者のきょんさんとテリアさんが宿に着いたと連絡がきたので

テリアさんの部屋に突撃してスタンダードで遊んでました

 

酒入ってたのでいろいろガバガバで、既に5点受けてるのに6点目受けて「え?5点だよね??」とか言って確認して爆発したり

なんだかんだで緊張を解せたし、きょんさんとも顔合わせできたので結果オーライでした。


翌、8/18(土)

 

f:id:kagami_setsuna:20180821210854j:image

きょんさんテリアさんと3人で朝食のビュッフェを楽しんで

ホテルをチェックアウトして歩いてブシロード本社へ

デッキチェックやヘアメイク、写真撮影などを終えて本戦が開始されました

f:id:kagami_setsuna:20180821210918j:image

 

 

 

 

 

デッキ分布
アンジュ:コーラル=4:4

使用 アンジュ
1回戦 もるがなさん@アンジュ △
お互いにG2でシャンディーを使用し、2超越目に2面シャンディーで芋る同じような展開に
こちらの3超越目にドライブでスピカをめくって最大値を取りに行く盤面を作るもスピカがめくれず
返しのティルアで死ぬはずがこちらが6治してしまったため時間切れ

 

 

2回戦 ゆばさん@アンジュ 〇
こちらの初回で2面クルク2面スピカの盤面が完成し、ダメトリ1個踏んだことで決めきれず札が1枚になる
相手GGからトップでルシールを引き、持っていたルシールと合わせてGB2で2枚切って超越
ティルアに超越しボーナスでレイラをサーチ、しかし相手がティルアの起動を使い忘れてしまったため
返しのこちらの超越が耐え切れず勝ち

 

 

3回戦 テリアさん@アンジュ ×
相手シャンディー有、こちらシャンディーアンジュなし
G3でアシストするもアンジュはめくれず負け

 

 

結果 1-2で6位でした

f:id:kagami_setsuna:20180821211840j:image

 

終戦の負け方はどうしようもないとはいえ、とても悔しい結果に終わってしまいました

引きもですが、かなり認識が甘かったかなと思いました

 

具体的にお話しすると、僕は今回G4シズクとG1シズクが2枚採用されている以外は普通のアンジュを使用しましたが

ほかの方のレシピを拝見すると、とことん対バミューダに特化した構築であると見受けられました

そのあたりの研究不足が祟った敗戦だったと考えています

 

 

それをふまえて今回気になったカードたちをご紹介します

 

f:id:kagami_setsuna:20180821211437j:image

・ホノリー
テリアさんも採用されていました

 

f:id:kagami_setsuna:20180821211525j:image

こちらはテリアさんのレシピです。
今回のシェア率を見てわかるように、シュシュやギーゼなど変則的なデッキはいませんでした
今回の出場デッキすべての特徴として「クルク、スピカを利用した連パン」が上げられます
またコーラルにおいてはカウンターを表替えす手段がヒールしかないため、スピカ1枚にカウンターを2枚使うと
次ターンの超越で使えるカウンターが無いといった状況が発生します
また対アンジュミラーにおいても、GGのシトロンでホノリーを着地させれば相手のプランを崩壊させることが可能です
そういった面からバミューダ限定戦でのホノリーはかなり優秀なカードだったことがわかりました。

 

f:id:kagami_setsuna:20180821211608j:image

・G2サンディー
特にアンジュでの採用が多くみられたカードです。
アンジュミラーでは「如何にしてGB3にたどり着くか」が重要になってきます。
当然ですが、ヒールはデッキに4枚しか入らずそれをG4のターンに2枚引ける確率は高くありません
そこでG2サンディーが活躍します
純粋にGGにアクセスできる枚数が増え、盤面に置けば相手の攻撃を1回そらすことができます
アンジュなら盤面においても回収が容易で基本的に損にはなりません。
コーラルでも対アンジュを見たときに36000ラインになるスピカをGG1枚で止めることのメリットは計り知れず
そのまま返しの超越でワンショットを決めることも可能です
とはいえ、どの枠を削って入れるのか分からなかったため、僕は採用を見送りました


本戦が終わってからきょんさんとフリーをさせていただいたのですが、彼が使っていたデッキが気持ち悪い(いい意味で)ものだったのでご紹介します

 

f:id:kagami_setsuna:20180821211655j:image

このデッキ、対アンジュは基本負けません。
何故なら点を与えず、オーロラスターの鬼パンプで殺しに来るからです。

 

アンジュ側のリソース獲得手段はG2のシャンディーとG3アンジュの相手盤面バウンスでの1枚ドローによるところが大きいです。
なのでこのコーラルは平然とドローゴーをかましてきます、G1でもG2でも
点の無いアンジュに対して点を貰えるコーラルなのでやれることは無限にあります。

で、一際異彩を放つカードたちをご紹介します


・フロンティアスターコーラル4枚
アンジュ対面でこのカードは絶大なパワーを発揮します
具体的には全盤面を回収できるので相手のアンジュの1ドローを発動させません。
初回超越でこのカードを使い盤面をすべて戻してターンを返し、その後2超越3超越でもこのカードに超越することで要求を取っていきます。 

 

・ミコト
ぶっちゃけ僕も使われるまでは「なんで?」と思っていました、やばいですこのカード。
ミコトのテキストは「GB1で自身がRに登場した時同列にG1以下を手札から1枚コールする」というもの
片列でクルクを使用したあとミコトを出すことでブーストをもう一度設置でき、2面スピカに繋げつつバカみたいな要求を取ることが可能です。

 

・ドロートリガー
このデッキはとにかくパーツがそろうまで耐久して、ソウルにコーラルを溜め込むことに注力されています。
主にミコトやスピカを引き込みつつ耐久する目的だと思われますが、コーラルでのダメトリはほかのデッキの1.5枚分うざいので
ダメドローは殺意がわきます。

 

対面してみるとわかりますが、とにかくうざいです笑
こっちから殺しにいけないのにめっちゃ殺しにかかってくるのでストレスMAXです。
ただ、無敵というわけでもなく
アンジュ側はティルアでカウンターを使わずに要求を取れるので、それで点を詰めつつターンを稼いでいき
僕の場合はG4シズクをエンドカードにできるので、一応それで勝つことは可能です
上記パターンで6治されて結局負けましたが...


あとできる対策といえば、相手が超越した時に点はもらえるので横を出さずにR裏ないしV裏にカード置いてアンジュのボーナス使えるように立ち回るくらいでしょうか。

いずれにせよ辛いですが。


正直めちゃめちゃ面白いデッキなので是非上位に上がってほしかったです。

 

大会のお話はこれで終了です。

 

 

この大会の後、テリアさんきょんさんもるがなさんと4人で秋葉原へ行きました。

 

僕としては一応は集大成だと思っていたのでアンジュを買い取りに投げ込みました、安かったので回収しましたが。

海外のPスタンでトロワアンジュが勝っていることは知っていたので試してみようと思います。

 

そうして立ち寄ったドラスタでWSの赤デレマスのデッキを発見したので即購入

WS復帰しました。

 

ついでにふらっと立ち寄ったカードキングダムで過去のぐらむすけいるの文香のプレイマットが2000円で売られているのを発見しこれまた即購入。

前日まで「思ったより出費抑えられそうだなー」とか思っていたのがウソのようにお金使いました、悔いはありません。

 

いろいろカドショ回った後、テリアさんの希望で昨日行ったもと村にまた行きました笑
おいしいからいいんですけどね笑

 

夕飯を済ませて17時くらいに秋葉原で御三方とは別れ岐路に着きました

といっても帰りの新幹線が19時半だったのでそれまで暇になり、東京駅の個室ネカフェでテレビ見て時間つぶしていました。

TL見たらきょんさんが暇そうにしていたので、ぎりぎりまで遊べばよかったとめちゃ後悔しました...

 

そんな感じで新幹線に乗り名古屋駅へ帰ってきました、疲れていたので爆睡して起きたら名古屋駅だったのでくそ焦りましたが。

 

とまあ、バミュ杯のお話は以上となります。

ぶっちゃけると、参加者全員の方と対戦したかったのですが時間もなく断念せざるを得ませんでした。非常に残念。

それでも宿で集まろうといって快諾してくれたきょんさん、部屋に突撃したテリアさん、騒がしいのに付き合っていただいてありがとうございました。


テリアさんは4位入賞おめでとうございました。
当日対戦したもるがなさん、ゆばさん、対戦ありがとうございました。


大阪大会でお会いして以来だねとはなしかけてくれたぐりさん、3位入賞おめでとうございました。

 

黒岩さんは優勝、陀羅巳丸さんは準優勝おめでとうございました。

ジェネマスではアルカを、三重VGCSではプレマをGETできたアンジュも半年間ありがとうございました。

f:id:kagami_setsuna:20180821212510j:image

 

正直言ってその場所に立てなかったことは非常に悔しいですが、今度はスタンで勝ち上がれるように頑張っていきたいと思います!

それでは皆さんまた次の記事でお会いしましょう!

Plusu Ultra!!

 

最後に一個だけ

Before

f:id:kagami_setsuna:20180821210921p:image

After

f:id:kagami_setsuna:20180821212335j:image

サイレント修正されたの結構怒ってます、謝罪も何も無しかよと。

 

 

東海VGオフ~概要編~

亜種特異点炎熱地獄都市名古屋からこんにちは、せっしーです

 

いよいよ開催が明日に迫りました東海VGオフです

 

前回の案内編に続き今回は概要編です

 

タイムスケジュールはこちら

 

受付時間

10:00~11:00

気持ち長めに時間取ってますがなるべく早めに集合していただける助かります

日曜なので開店時間は10時です、なので10時を回っていればお店の中に入っていただけます、炎天下は死んでしまう。

受付の際に参加費1000円をいただいて参加賞及び名札と引き換えさせていただきます

二次会参加予定の方はこのタイミングで参加費3580円もいただきます、できればお釣りの無いようにお金を用意していただけると助かります

また、当日参加したいという方がおりましたらこのタイミング言っていただけると助かります

 

 

開会式&自己紹介

11:00~11:20

運営陣3人から自己紹介及び当日の注意事項などを説明させていただきます

 

個人戦1回戦

11:30~11:55予定

マッチング毎のインターバルは予定です

移動が速く済めばその分余裕が生まれますのでご協力をよろしくお願いいたします

 

個人戦2回戦

12:10~12:35予定

 

個人戦3回戦

12:50~13:15

 

個人戦4回戦

13:30~13:55

この時点で全勝者が9名となります

1名不戦勝の方を選出し

全勝者8名で対戦➝4名を選出します

参加人数の都合上不戦勝の方が全勝と全敗の方で1名ずつ出てしまうので

階段形式で不戦勝の方には対戦していただきますが、勝敗にかかわらず両名に不戦勝と記入していただきます

 

個人戦5回戦(全勝者5名による総当たり戦)

14:10~予定

4回戦終了時点からサブイベントのガンスリンガー対戦会の受付を開始します。

参加費は無料なので奮ってご参加ください

また、景品についてですが

当初は最大6戦対戦していただき全勝者1名の方にプレイマットをお渡しする予定でしたが

全勝者が2名の場合、両名にプレイマットをお渡しできるようになりました!

ですのでマジで奮ってご参加いただければと思います!

因みに全勝が1名だった場合は、余ったプレイマットはランダム抽選会用の景品に流用します。

 

表彰式&ランダム抽選会

17:30予定

個人戦上位5名及びガンスリンガー全勝者の方に景品を授与致します

表彰式終了後ランダム抽選会(ビンゴ大会)を開催します!

予め参加者の皆様には受付時にビンゴカードを配布させていただきますのでなくさないようご注意を

景品はかなりの数用意してますが数に限りが御座いますのでご了承ください。

 

抽選会終了後に閉会式を行います

閉会式終了後二次会にご参加の方は店外に出て頂きやぶ屋さんの前にて待機をお願いします

参加されない方も大須にはおいしいお店が沢山ありますので散策しながら帰宅していただけると最後まで楽しんでいただけるかと思います!

 

抽選会の景品は当日までのお楽しみということで!

 

頑張ってプレイマットを勝ち取ってください!!!

f:id:kagami_setsuna:20180721172647j:plain

 

 

それでは皆様

明日の東海VGオフで会場にてお会いしましょう!!

ではでは~